業者の選び方

盗聴器を発見するためには、業者の力を借りるのがもっとも手っ取り早い方法です。
業者といいますが、盗聴器発見業者には2つの種類があることをご存知ですか?

・盗聴器、盗撮カメラ発見を専門とする業者

・探偵事務所、興信所がおこなう盗聴器発見調査

この2つがあります。
警察に頼んで調べてもらうことが出来ないのか?と思う人も居ると思いますが、事件性があると確証が無い限り警察は動くことができません。警察が悪いというわけではなく、そういったシステムなので仕方がありません。
なので、盗聴器の発見をしてもらうならば、業者へ依頼をするしかなくなるわけです。

盗聴器や盗撮カメラを専門で調査、撤去を請け負っている業者は都心部などに集中していることが多く、なかなか地方では見つけることが出来ない、または出張という形態をとるので、料金が割高になってしまうこともあります。

探偵事務所などの調査業者が調べてくれるところもあります。しかし、なかには盗聴器の調査撤去を請け負っていないところもあるので、インターネットなどで調べてから依頼するのがいいでしょう。

どちらを選ぶにしても、まずは料金がいくらになるのか、依頼してからどれくらいの時間で調査を行い撤去してくれるのかを聞いてみて決めるといいでしょう。
 





Copyright (C) 盗聴器の発見の注意点を解説